2007年05月15日

3/14ツアー9日目

ツアーもだいぶ終盤に近付き、体調がすぐれない人も数人いて、心配な今日この頃。やはり環境や食事が変わると体は無理しちゃうんでしょうかね。。で、すこぶる元気な俺としてはいつ何時突然体調が崩れるのではとビクビクしてますが…いや、まぁ何とかは風邪ひかないっていうし!?(^^;;;;;;)。とにかく気をつけます。

さて、今日はCalifornia State University Northridgeのジャズ専攻のみなさんとのコンサート。
まずは昼からMatt Harris氏のクリニック。彼はアレンジャーで、ピアニスト。MMSの演奏を聴いて、「演奏にspaceを」と仰っていました。音を詰め込むよりも音楽で会話できるスペースを作ることが重要だと。そういうアドバイスって刺激的ですね!やっぱりどうしても演奏でいっぱいいっぱいになってしまうのですが、気持ちの上でもスペースを上手にとれる大人な演奏もできるようになりたいですね。

夜はいよいよ本番。きれいなホールでジャズ専攻のみなさんを目の前にしての演奏;;。多分今日までの中で一番ドキドキする本番でした。だってみなさん専門に学んでるんですからね。でも、学生同士ということもあってよい緊張感の中でplayできました。
MMSの後に専攻の方々の演奏。さすがに専攻だけあって、レベル高いなぁ。一人一人しっかりしてるし、ソロも自信を持ってアドリブしてます。あとやっぱりみんな演奏のスケールが大きい!!
で、で、で、リードトロンボーンは何と日本人の女性の方(^o^)。高校卒業後すぐにこの大学に来たそうです。現在ライブやレコーディングの仕事をしながら大学に在学中とのこと。素晴らしいですね。俺も負けないように頑張りますよ!!!

夜はツアー2回目のホームステイ。5人でルームシェアして暮らしているジャズ専攻のメンバーのお宅にお邪魔。炭酸のきいたビールを飲みながら(日本のよりは飲みやすい!)ジャズのこと、音楽のこといろいろ話しました。トランペットの彼はジャズバンド以外にも、ロックバンド、R&Bバンドで仕事してるとのこと。多才です。さてさて、今もう夜の2時を過ぎてます。明日は9時集合なのですぐに寝なければ。おやすみなさい。

070314_1314~0001.jpg
↑あれ??この日も1枚しか撮ってない。northridgeのホールで楽器を準備するMMSのバストロI兄貴。ダンディ。
posted by shin at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41818225

この記事へのトラックバック