2007年05月14日

3/13ツアー8日目

すっかりブログ放置癖がついている今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今日これから一気に残りアップします!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は11時にホテルを出てバスでサンディエゴへ。

San Diego State UniversityのJazz ensembleの方々の練習にお邪魔させてもらう形でのワークショップ。先生はジャズ学部長でトロンボーンプレーヤーのBill Yeager氏。一人一人隣に座らせてもらい、お互いの持ち曲を合同演奏。この大学のバンドには、幅広い年齢層の方々が在籍していて、僕の隣のリードトロンボーンの方は白髪のおじいさん。詳細は聞きませんでした(いや、聞く英語力がなかった;;)が、このおじいさんどうやらこの学校の先生のようです。特別派手に吹くわけでもないのですが、アクセントやニュアンスの付け方がとても音楽的で確信に満ちていて、勉強させてもらいました。
彼らはMMSとは全く違うスタイルの演奏で、それを隣で聴きながら演奏できたのはとても新鮮でした。ひとつのバンドの中にいるとそのバンドでの価値観が絶対のような気がしてしまいますが、実はバンドによって「何を大事にしているか」というのは本当に大きく違うんですね。それがまたバンドの個性にも繋がっていくんではないでしょうか。

夜6時から同じ大学内のホールで本番。「Tuesday Night Concert Series」という枠で演奏させてもらいました。毎週ここでいろんな団体が演奏しているんですね。かわいそうなことにMMSに体調の悪い人がいたため、、急遽ここの大学院のトランペットの方に乗ってもらうことに。僕の真後ろで吹いてましたが、いやいや自信に満ち溢れた素晴らしいplayでした!!初見のもあったはずなのに、彼のレパートリーと初見の区別が付きませんでした(@_@)。体調不良の人には何だか申し訳ないんだけど、これはこれですごくエキサイティングな体験でした。お客さんもたくさんいて、楽しいライブだったなぁ。

ライブも無事終わり、夜は近くのSUBWAY(日本にもある)でサンドイッチを注文。チェーン店だと安心する俺(チキン野郎)としては、非常に満足な食事でした。そういえば、アメリカのファーストフード店では、飲み物はカップを渡されるだけで、自分で好きなのを入れるシステムになってます。氷の量を少なくして目一杯入れることも可能ですよ(^^;)v。

070313_1611~0001.jpg
↑休憩中にみんなで行った「Old Town San Diego」。名前の通り、古い街並みを残した観光地。雑貨屋、洋服屋などがたくさん。しかし、ほとんど時間もなかったため、撮影したのは下の1枚だけ。

070313_1612~0001.jpg
↑え、、、サボテン。ハイ、これしか撮りませんでした。。おしまい。
posted by shin at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック