2010年05月15日

芸術性と聴きやすさ

みなさんこんにちは。
5月の本番ラッシュも昨日でいったん落ち着きました。今月の本番はどのバンドも音楽的ポリシーを持ったバンドばかりで、か・な・り刺激をもらっています。自分が参加できていることが幸せだなと思う現場ばかりでした。

そんなわけで、久々に!?マジメな話題。
卒業してから昨年いっぱいは、"俺はジャズトロンボニストだ!!"という信念のもと、自分としてはかなりジャズに傾倒した日々を過ごしてきたと思います。
しかし今年に入ってからの自分のブログ記事を読み返しても明らかですが、僕の中の音楽的な興味がだいぶ広がってきています。CDの聴き方も「いかにジャズをやっているか」から「いかに音楽をやっているか」に変わってきているのを感じます。やはりジャンルや表現の方法を問わず、音楽と真剣に向き合っている演奏というのは素晴らしいものです。

で、そういう経験を自分の活動として発信していくことが、一ミュージシャンとしての務めだと思うのです。
僕の今年の活動のテーマはタイトルの通り、芸術性と聴きやすさの両立。どちらに偏るでもない、内容を充実させつつより多くの方に聴いて頂ける、そんなサウンドや音楽作りをやっていきたいなと思います。

まだまだ現実的な形にしていくには時間がかかりそうですが、ブログでもちょっとずつ断片を発表していく予定です。

みなさま引き続きこの不定期なブログをぜひぜひご覧くださいね。
posted by shin at 10:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も凄くそれ思う!いい音楽できることこそ目標だし、できたら幸せだよね!ある一定のラインを越えるとジャンルは関係なくて、感動できるかどうかなのかも!
夢を魅させて、幸せな時間を共有できるようなプレイヤーになりたいもんです。
Posted by at 2010年05月16日 10:49
久しぶり刺激をもらいにブログにお邪魔しました(。・o・。)ノただいま~♪

今度市民吹奏楽団の見学に行くことになりました☆彡

大分最近吹いてないけど、勇気を出して行ってきます(>ω・)ノ
Posted by タミー at 2010年05月16日 19:31
けーと
「幸せな時間を共有できるプレイヤー」っていいね(^^)。仕事人としてだけではなく、ミュージシャンとして大きくなりたいなぁ。

タミーさん
おー。せっかく自分の楽器があるのだから積極的にやりなよー。最初は仕事との両立大変かもしれないけど、みんなすぐ慣れるって言ってる(笑)。がんばれ!!
Posted by shin at 2010年05月17日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149935398

この記事へのトラックバック